【プレママ必見!】ナースが産前産後のママを食でサポートしてくれる!夢のようなサービス発見

妊娠中、つわりがひどくて食欲が出ないばかりか
家族の食事を用意するのもツライ・・・

切迫流産といわれ動けない・・・

出産後、授乳や夜泣きで寝不足つづき。
子育てと家事の両立ができない・・・

頼れる身内がいなくて弧育てに疲れた・・・

そんなママさんのために、立ち上がった看護師がいると知って、
お話を伺いました\(^o^)/

自身の体験から伝える思い
「食事をないがしろにしてほしくない」

お話を伺ったのは、妊娠中や産後間もないママたちの依頼を受け、
食事作りの出張サービスを行うこころ㈱の吉山菜美さん。

吉山さん
産前産後のママさんのために
食事代行サービスをしています。

吉山さんは、ご自身も3人の子育て中のママさんです。

まだ看護師として働いていたころ
次男を出産したころに、産後うつの状態に陥ったのだそうです。

自身の体調を崩し、泣き叫ぶ子どもにもイライラする日々。
睡眠もろくに取らず、子どもに食事を与えることだけで頭がいっぱい。

自分の食事のことは後回し。

それなのに、職場では、患者に
「食事はしっかり取ってる?」と対応する自分に
違和感を覚えたそうです。

そんな生活を繰り返すなか、自身も体調を崩し、
ついには、看護師のお仕事を休職することに。

休職中は、食事と睡眠を意識した生活を心がけ、体調も回復。

看護師時代、ある患者が言っていた
「仕事の忙しさと、子どもの世話に追われて、あまり食べてない」との言葉を思い出し、
私もあの患者さんと同じような状態だったんだと気付いたそうです。

改めて、食事を摂ることは大切

との思いに至り、こころ(株)」を立ち上げたそうです

吉山さん

何より、お母さんがきちんと栄養をとらないと、
赤ちゃんに美味しい母乳を作ってあげられない!

お母さんが元気じゃないと、
家族も明るく元気に過ごせないじゃない!

 

という吉山さんの言葉に、グサっとくるものがありました。

チナラボ
実は、わたしも長男出産のとき、家事に育児にと完璧を求めるあまり
自分の食事や産後ケアをおろそかにしていました。
結果、乳腺炎で切開・・・(涙)
その他、いろいろ失敗しています。
あぁぁ、、、あのころの私に吉山さんのサービスを届けてあげたい(笑)

妊娠は病気じゃない。だから産後に休むのは甘え!?

「食事づくり」って一言でいっても、その工程は、

  • 家族の好みや健康を考えながら
  • 献立たてて、
  • 買い物行って、
  • 調理して、
  • 片付けまで。

けっこう気力と体力を使っていますよね。

そのうえ、
妊婦さんなら、重たいおなかを抱えながら、
産後なら、小さい赤ちゃんの世話をしながら、
となると、重労働だし、時間だってかかります。

吉山さん
そんなお母さんたちを
わたしが
食事の面をサポートすることで
少しでもお母さんの休める時間を増やしてあげたいんです。

 

吉山さん、女神のように見えてきましたよ。

 

チナラボ

よく「妊娠は病気じゃない」と言いますよね。
だから私も、生まれたらすぐ元の体に戻れる。
すぐに動けると誤解していました。

でも、お産は本当に「命がけの大仕事」です。

「妊娠は病気じゃない」の本当の意味は、

「病気じゃないんだから、甘えるな!」ではなく、

「体調の変化や不調を治す方法も特効薬もないから、

くれぐれも無理をしない、させない」という意味なのだそうです。

お産だけが「痛い!」「命がけ!」と
フューチャーされがちですが、
産後の予備知識がない人が、女性でも多くいます。

私もその1人でした。

長男が生まれたとき、近所のおばちゃんが
出産祝いを届けに来てくれたんです。

真夏だったので、短パンに、
いつでも即、授乳に対応できるような
大きめのダラダラなTシャツ姿の私をみて、

おばさんが「あなた、その格好・・・・」って。

だらしない!って叱られるのかと思いきや、

チナラボ
『お願いだから体を冷やさないで!』
って泣いたんですよね。

聞けば、おばさんが若いころ、親友が産後(産褥期)に無理をして
生後3ヶ月の赤ちゃんを残して、亡くなったのだそうです。

すぐに着替えましたよね。腹巻まいて!

吉山さん
妊娠中10カ月かけて変化した体は、産後の1~2ヶ月かけて元に戻ります。

子宮が元に戻るための収縮で「後陣痛」と呼ばれる痛みを伴う場合もあります。

生まれても、まだ入ってるの?というくらいお腹は出たまま(笑)
悪露(おろ)と呼ばれる出血が、数週間続きます。
母乳の源だって血液です。
上からも下からも血液抜かれながら、
2時間おきにオムツ替えて赤ちゃんのお世話して、
炊事、洗濯、掃除をこなさなければいけません。

そんなの、お母さん1人でやりきれってブラックすぎる・・・。

産後の女性の体は
「全身骨折の状態でフルマラソンを走りきったくらいのダメージを受けている」
と表現した方もいました。

本当にそのくらいの辛さだったな、と共感した覚えがあります。

本来なら、全治3ヶ月!!絶対安静!!くらいの診断書欲しい(笑)

産んだら終わり、ではないのです。

だからこそ、この時期のお母さんはムリせず、体を休めることが大切です!

授乳などお母さんにしかできないこと意外は、周囲に頼りましょう♪

吉山さん
パートナーや家族の理解と協力がもちろん必要ですが、
それが難しい場合は、私たちのような家事代行やヘルパーなど
外部に発注できるところは、どんどん利用してください。

吉山さんは、元看護師さんということもあり、医学的な知識も豊富!
食事を作りながら、依頼者のお母さんの体調面や精神的ストレス、
お子さんについての相談にも気軽にのってくださるそうです。

何とも心強い!


ナースが届けてくれる出張ごはんってどんなの?

吉山さんの届けてくれる食事代行サービスの料金システムや料理の内容が、
気になってきたのではないでしょうか。まずは、依頼の流れから説明します。

●依頼の流れ

電話やメールで依頼を受けたら、吉山さんがご自宅に伺い、
ママの体調をチェックしながら、家族の味の好みや食べたいものを
しっかりとヒアリングして献立を立てていきます。ご自宅の冷蔵庫に食材がなくても安心!
食材が足りない場合は、代わりにお買い物も行ってくれます♪
吉山さん
※お買い物サポートはサービス料金に含まれてませんので、
ご希望の方は申込時にお伝えください。
看護師免許だけでなく、中医薬膳指導員、
卵、乳製品を使用しないナチュラルスイーツの認定講師の資格を持つ吉山さん!

栄養学や、薬膳の知識をおりまぜて献立を提案してくれます!

妊娠中で悪阻(つわり)が辛い場合は、

ママの体調をカウンセリングして食べれそうな献立を、

妊婦であれば妊娠週数、産後であれば産後に必要な栄養を考えた献立を提案していきます。

そして、3時間ほどで、10~13品ほどの作りおき料理が完成♪

3~4日分の量です!!

しかも、どれも全部おいしそう♪

ウチには、赤ちゃんいないけど食べたい!(笑)

というと、

吉山さん
利用は「産後1年までのママさん」制限させてもらっているんです。
なにぶん1人でやっているので、すみません。

と、丁寧に断られてしまいました(;´∀`)アハハ

私は利用条件から外れてしまいましたが、
今がんばりすぎて苦しんでいる産前産後のママたちへ
吉山さんの食事代行サービスが届いてくれることを願います☆

また、吉山さんの活動の詳細が、

琉球放送3ch「気ままにロハススタイル」で放映されました!

《料金システム》
【初回限定】出張ごはんサポート
対象:沖縄本島在住の産前産後のお母さん
効果:ナースの出張ごはんサポートを初回価格で体験していただけます。
時間:4時間 価格:12,200円(税込)
※浦添市から10kmを超える場合出張費別途1,000円(税込)
◆こころ(株)
お電話での受付
☎︎090-9593-8862
(9時〜16時 土日祝日 定休日)
※サポート中で電話に出れないこともありますが必ず折り返しご連絡いたします。
お問い合わせはこちら

 

スポンサードリンク


最新情報をチェックしよう!