地球環境にも、子どもの身体にも優しい次世代ランドセル「NuLAND<ニューランド>」が、今春さらなるアップデートを遂げて、2022年モデルの発売を開始しました。

今回は、前回の記事で紹介しきれなかった魅力や2021年モデルからリニューアルされた新機能を、まとめてみました。

前回「NuLANDランドセル展覧会」へ行った時のレビュー記事はこちら☟

関連記事

小学校入学準備として欠かせないランドセル選び(通称・ラン活)は、年々早まり、加熱しているといいます。 以前の私は「たかがランドセルで」と思っていました。 しかし、けっこうな値段のするランドセル。 親としては経済的にも負担が大き[…]

NuLAND 公式HP

NuLANDとは

写真:NuLAND(ニューランド)HPより

NuLAND<ニューランド>のランドセルは、ママ向けマガジン「ママタス」とのコラボレーションで、小学生を持つママたちの声を拾い上げて開発されたランドセルです。

子どもの体に負担のない軽量のランドセルを追求するだけなく、大量の荷物がすべて収まる大容量かつ多機能で、環境にも優しいエシカル商品として経済誌にも取り上げられる大注目のランドセルなのです。

エシカル商品

エシカル(ethical)とは、本来「倫理的な」という意味の英単語。

「倫理的な商品」と言われるとわかりにくいですが、SDGsの取り組みのひとつである「つくる責任 つかう責任」という目標を思い出すといいかもしれません。

SDGs目標12:つくる責任 つかう責任」では、2030年までにごみが出ることを防いだり、減らしたり、リサイクル・リユースをして、ごみの発生する量を減らすことや天然資源を持続的に管理して、効率よく使えるようにすることなどを達成目標に掲げています。

そうした地球環境や人、社会に対して配慮された商品のことを「エシカル商品」といい、この「エシカル商品」を選んで購入・消費することを「エシカル消費」といいます。

NuLANDのランドセル素材は、動物の革ではなく、リサイクル生地です。

使い終わった古着や工場での生産時に出た残反(生地)が原料の循環型リサイクルポリエステル「RENU® 」を採用して、サーキュラーエコノミーを目指しているのです。

総重量985gのうち、芯やファスナーや留め具などの各種パーツ以外、生地はすべてRENU®を使用(外側生地の重さ約300g)。

各種パーツひとつひとつの重さや大きさにもこだわって、この軽さを実現しています。

近年、ランドセル業界でも軽量化を図っているメーカーは数多くあります。

しかし、リサイクル素材からランドセルを作っているメーカーは他に類をみません。

例えば、新小学生1年生全員がこのRENU®から作られたスクールバッグを使用した場合、一般的なポリエステル生地のリュック*を使用した場合と比較すると、自動車が地球を20周した分のCo2が削減され、 500mlのペットボトル72万本の水の使用を削減することができるそうです。

また、NuLAND に使用するRENU®生地の生産時には、廃棄されるTシャツ150万枚分を再利用したこととなります。

NuLANDが「次世代ランドセル」、「新時代のランドセル」といわれるのは、、廃棄物を出すことなく資源を循環させてつくられた、環境に負荷をかけないランドセルだからです。

軽さに特化した布製(ナイロン製)ランドセルのまとめはこちら↓

関連記事

みなさんは、「ランドセル症候群」という言葉を聞いたことはありますか? 「ランドセル症候群」とは、大きさのランドセルで重たい荷物を背負ったまま長時間通学することによって起こる子どもの心身の不調を表す言葉です。 小さな体で、時には3[…]

革製ランドセルのブランド・工房メーカーまとめはこちら↓

関連記事

毎年、購入時期が早くなっているランドセル。 種類もカラーも豊富になり、どれがいいのか迷ってしまいますよね。 ランドセル選びのポイントはこちらから↓ [sitecard subtitle=関連記事 url=https://g[…]

革製ランドセルの場合は、卒業後にキーホルダーや財布、名刺入れなどにリメイクする取り組みをされている工房もあるので、それぞれの「つくる責任、つかう責任」を見極めてランドセル選びをしてもいいかもしれません。

NuLAND2022モデルのアップデート!

🎒フラップ(かぶせ)の取り外しで2WAY

写真:NuLAND(ニューランド)

私が前作(2020年モデル)の展示会にお邪魔したときは、高学年の買い替えで購入することが多いLサイズは、部活や通塾、中学校に上がっても使えること、大人でも使えることなどを想定し、フラップ部分(かぶせ)が取り外しできるように工夫されていました。

この機能がMサイズにもあればいいのになと思っていたところ、他のユーザーさんからも同じような要望がたくさんあったようです。

2022年モデルでは、Mサイズもフラップが取り外し可能にリニューアルされていました!

フラップが取り外せるメリット

フラップの取り外しは、ファスナーなので、低学年の子どもでも簡単に操作できます。

らぼ子
フラップを外すことで、どんなメリットがあるの?

フラップ装着時の重さは 985gですが、フラップを外せば738gとさらに軽くなります。

入学したての1年生は、交通安全のカバーを装着しなければいけないので、1年間はどうしてもフラップが必要ですが、進級に合わせてフラップを取り外して登校することも可能です。

フラップを外すことで、ランドセルがリュックに早変わりといった印象になるので、用途の幅も広がります。

たとえば、校外学習、部活や通塾などにもNuLANDのランドセル1つで対応できるのです。

遠足や夏休みなど長期休暇期間の学童など、お弁当を持たせなければいけない場面でも、底マチがしっかりして型崩れしにくいNuLANDなら、お弁当が横になったりしません。

カラーバリエーションが増えたら、フラップだけ購入して付け替えるなどのオシャレも楽しみたいというユーザーさんの声もあるそうで、今後の商品展開も楽しみです。

フラップの取り外しがなくてもいいという方は、今なら2020年モデルも販売されていますので、好みで選ぶことができますよ。

2020年モデルの展覧会レビュー記事はこちら☟

関連記事

小学校入学準備として欠かせないランドセル選び(通称・ラン活)は、年々早まり、加熱しているといいます。 以前の私は「たかがランドセルで」と思っていました。 しかし、けっこうな値段のするランドセル。 親としては経済的にも負担が大き[…]

🎒NEWカラー・ピンクが登場

今年、デビュー1周年を迎えたNuLANDは、2022年モデルに新色の発売を発表しました。

それが、女の子に人気の「ピンク色」です。

さらに、ピンクの発売を受けてレッドも、従来のスポーティーレッド調の赤から、より鮮やかな色合いの赤へとリニューアルしたそうです。

2022年Mサイズのカラーバリエーションは、定番のブラック・ネイビー・キャメルに、NEWカラーの ピンク・レッドを加えた全5色

ただし、NEWカラーの ピンク・レッドは、いずれも数量限定での発売ですのでお早めにお買い求めください。

NuLAND2022モデル全5色・2021モデル全2色
 \4月末まで送料無料キャンペーン実施中/

■商品カラー:
定番カラー  ブラック・ネイビー・キャメル

 NEWカラー  ピンク・レッド (数量限定発売)2021モデルも、引き続き販売しています。■商品カラー:
 ・Mサイズ:レッド、キャメル
 ・Lサイズ:レッド、ブラック

🎒背当てと肩パットのクッション性

NuLANDの「背当て」は、汗をかく夏場でも嬉しい全面メッシュ。
そのメッシュはそのままに、背中のクッションを15mmを追加し、背負い心地にこだわったそうです。
写真で見比べてみるとわかるように、2020年モデルの背当ては、縦に2本のステッチが入っているだけでした。
でも今回は、背当てのクッションがV字型に入っていて、背中へのフィット感や通気性が考慮されていることがわかります。
写真:NuLAND(ニューランド)

「肩パッド」もクッションを3mm追加。

担いだときに痛くならないように、さらに厚みを持たせ、素材もクッション性が長持ちするものにアップデートしたそうです。

🎒 チェストベルト

写真:NuLAND(ニューランド)
以前、チェストベルトと腰ベルトがついた別の次世代ランドセルをレンタルしたとき、荷物の重さがベルトひとつで軽く感じる体験をしました。
チェストベルトと腰ベルト付きの次世代ランドセル・エルゴランセルさんの記事はこちら↓
関連記事

革製ランドセルがまだまだ定番で、「置き勉」も進まず、「ランドセル症候群」が問題になっているなか、最近では、軽くて多機能な布製ランドセルが注目を集めています。 以前、‟次世代型ランドセル”「NuLAND(ニューランド)」さんの布製ランド[…]

チェストベルトがついたランドセルは、エルゴランセルだけかと思っていたら、NuLANDでも別売りで発売されていました。
写真:NuLAND(ニューランド)
チェストベルトは、肩ベルトが肩からずり落ちたり、食い込んだりするのを防いでくれます。
また、肩ベルトをチェストベルトで固定することで、走ったりしても振れを軽減してくれて、ランドセルを適正位置にもどしてくれる役目をしてくれます。
体格のちいさいお子さんには、チェストベルトをつけることをお勧めします。

\ チェストベルトは別売 / 

価格:1760円(税込・送料別) 送料全国440円一律

※ランドセルと同時購入し、同梱納品でチェストベルト単体の送料は無料となります。
ランドセルとチェストベルトを同時購入同梱の場合 1,100円

カラーは、ブラックとピンクの全2色
ブラックやネイビー、レッドのランドセルとの自由な組み合わせでお楽しみください♪

詳しい商品詳細、仕様についてはこちら
https://nuland.jp/products/nuland-chestbelt-pk

チェストベルトやウエストベルトは、市販されているものもあります。

カラーバリエーションが欲しい方は、ネットで購入してもいいかもしれません。

🎒内側の水筒入れのギャザーポケット

写真:NuLAND(ニューランド)
外側のポケットにも、内側にも水筒袋があって便利なNuLAND
今回、ゴムを内側の水筒袋をギャザーポケットに変更することで、さらに大きいサイズの水筒でも収納が可能になっています。

直径約8センチ(1ℓサイズ目安)の水筒まで楽々と入れることができるので、教科書を入れない校外学習や放課後の部活、夏休み期間中の学童などには、大きめの水筒を持っていくことができます。

※500~600mlサイズの水筒であれば、外ポケットにも入ります。

🎒開閉マグネットの留め具が2個に

写真:NuLAND(ニューランド)

NuLANDのランドセルは、かぶせ部分(フラップ)の開閉に、マグネット式の留め具が採用されています。

ドイツのFID LOCK®社製の留め具で、マグネット式なので、パーツ同士を近づけるだけでロックが掛かる仕様です。

今回の2022モデルでは、その凸凹パーツをボディ側とフラップ側と逆に配置。

さらに、留め具が1個ではなく、2個に増えていました。

フラップを外した際には、ボディ側の2個の留め具がボタンのように可愛いデザインアクセントになります。

🎒持ち手のベルト

写真:NuLAND(ニューランド)

細かな改善点ですが、今回のモデルは持ちてのベルトを、二重巻きに変更したそうです。

持ちてが丈夫になったので、机の横に吊るしておくこともできますし、ロッカーから取り出すときにも便利です。

🎒底辺をハイグロッシー加工に

写真:NuLAND(ニューランド)

一般的な革製のランドセルだと、底面に錠前がついているので、地面に立てづらいですよね。

NuLANDのランドセルはフラップ面にマグネット磁石があるので、底面がフラットで立てて置きやすいです。

以前のモデルでも、濡れたり汚れても拭くだけでお手入れが簡単そうだと感じましたが、さらに耐水性や防汚性が強く、傷が目立ちにくいハイグロッシー加工にアップデートしたそうです。

あえて底鋲を作らないのは、重さが出てしまうからと、軽さへのこだわりを追求しています。

ラン軽プロジェクトに賛同

NuLANDでは、子どもの荷物そのものを軽くすることを目指し「ラン軽プロジェクト」に賛同しています。

ランドセルの軽さの実現を目指すことは、成長期にある子どもの身体への負担の軽減、そして子どもたちに不要な荷物を押し付けない、という子どもの権利を尊重することにもつながります。

また、ランドセルの軽さを追求するだけでなく、荷物そのものを軽くする「置き勉」を推奨する「ラン軽プロジェクト」署名運動への呼びかけにも力をいれています。

「ラン軽プロジェクト」署名運動/

ご賛同の上、署名へのご協力もお願い申し上げます。
▶ラン軽プロジェクトについてはこちらをご覧ください。
https://nuland.jp/pages/rankaru_project
▶署名URL: https://forms.gle/Mkq691R7YbAStAzs6

まとめ

小学生のママたちの声から生まれたNuLANDのランドセル。

まだ、生まれて1周年にも関わらず、ユーザーさんの声を拾い、さらなる改良を重ねてパワーアップしていました。

インスタを拝見していると、「ラン活、秒で終わった」などの声もあり、2022年モデルも大好評のようです。

数に限りのあるカラーもありますので、早めにチェックしてくださいね。

<NuLAND2022年 商品販売情報>

■商品カラー:
定番カラー  ブラック・ネイビー・キャメル

 NEWカラー  ピンク・レッド (数量限定発売)

■価格:36,300円(税込・送料別途)

■送料:送料1,100円(税込)

*沖縄・一部離島の場合は2,000円(税込)でお届け
※ただしデビュー記念として、送料無料キャンペーンを実施(~2022年4月末まで)

【販路】
NuLAND公式サイト:(https://nuland.jp/)
ママタスSTORE:(https://mamatas.store/)
【SNS】
公式インスタ:(https://www.instagram.com/nuland_official/)
公式Twitter:(https://twitter.com/NuLAND_official)




最新情報をチェックしよう!